【広さ】

ふとんの場合は最低4.5~6畳、夫婦の寝室なら8畳のスペースは必要です。ベッドの場合は、シングルサイズなら6畳、ツインベッドにするなら10畳のスペースが理想的。洋服タンスなど背の高い家具は圧迫感を招き、また地震で倒れることがあるので、できるだけ避けたいもの。どうしても置かねばならない時は転倒防止の金具などを取り付けて、安心して眠れるようにしましょう。

 

【温度・湿度

温度、冬は15、夏は25、湿度は50%程度が理想的です。就寝1時間後、起床1時間前にタイマーセットしておきましょう。一晩中つけっぱなしにすると肌あれや風邪の原因になるので注意すること。またエアコンは風が直接あたるようなところへの取り付けを避けましょう。

 

【音】

寝るときに気になるのが外の音。夜間の室内許容騒音レベルは40dB以下(図書館ほどの静けさ)ですが、寝室はさらに静かなほうが眠れます。雨戸をとりつける、サッシを二重にするカーテンを厚手のものに取り替えるなどの工夫で静かな環境をつくりましょう。

 

【光(照明)】

寝室の明るさは30ルクス以下(ほの暗く、何かが見える程度)に。光源が直接目に入ると眠りを妨げてしまうので、調光が可能なものが便利です。フロアランプなどの間接照明も寝室には最適です。朝は太陽の陽ざしで自然に目を覚ますのが理想的ですが、多忙な現代人にとって、朝も貴重な睡眠時間。東の窓は雨戸を閉めておいたり、まぶしさをシャットアウトする遮光カーテンにする工夫が必要です。

  

【色彩】

寝室に赤や黄など刺激的な色や奇抜な柄があると神経が高ぶって眠れなくなります。くつろぎのひとときを過ごす場でもありますから、壁・天井・カーペットなどは目にやさしい、やすらぎを感じられる色(ベージュ系、ブラウン系、グレー系)で整えましょう。また、インテリア用品はそれらにあわせたトータルコーディネートを。

 

【香り】

香りには心身をリラックスさせる効果があります。とくにラベンダー、カモミール、セージなどは気持ちを落ちつかせ、眠りを誘う効果があります。ポプリンやエッセンシャルオイルなどで、ほのかな香りを演出。


お気軽にお問合わせ下さい!!こちらから