Q 日に干しても良いのですか?ふとん乾燥機の使用は可能ですか?

羽毛ふとんは、吸湿・発散性に優れているため綿ふとんのように頻繁に
 

   日に干す必要はありませんが、なるべく乾燥した状態を保つように心掛けましょう。


   干す場合は、日干し又は風通しの良い日陰で1時間ほど干せば十分です。日に干す

 

   と殺菌効果も手伝って大変衛生的です。ただし側生地の色焼けを防ぐため、カバー

 

   を掛けたま干しましょう。


   ふとん乾燥機による乾燥も問題ありませんが、あまり高温(70℃以上)になり過ぎ

 

   ない注意しましょう。

 


Q キルティングにゴミが溜まるのですが・・・

●キルティング部分を清潔に

 キルティング部分のホコリもブラシなどで取り除きましょう

Q 収納の注意点は?ふとん圧縮袋を使用してもいいのですか?

 羽毛ふとんはできるだけ乾燥した状態で保管することが大切です。

      次の点に注意しましょう。
  
   
①製品を十分乾燥させます。

  
②防虫剤を製品にはさみ、購入時のふとんケースやふろしきなど

         性の良い物に包みます。

   ③押入れの上段などなるべく湿気の少ない場所に保管します。
 
 購入時のふとんケースをしようする場合、通気性のあるものか確認しま

しょう。

 

Q ふとん圧縮袋を使用した保管は・・・?

羽毛ふとんの保管には圧縮袋はお勧めできません。やむを得ず使用する

      場合は次の事に注意してください。
     
         
圧縮袋の製造メーカーの注意書きをよく読みましょう。

         ②袋に入れる前によく乾燥しましょう。

         ③空気は抜きすにず元の高さの1/4圧縮度を目安に。

         ④長時間(6ヶ月以上)の保管は避けてください。

                   日本羽毛協会「羽毛ふとんMyNote」より